ホーリークラウンのレビュー卓球ラケットにテナジー05とファスタークG-1

ホーリークラウンのレビュー カーボンの卓球ラケット

ホーリークラウンはカーボン入りの卓球ラケットです。

バタフライの廃盤ラケットです。
ではさっそくレビューを書きます。

ホーリークラウンの卓球ラケットはスピード

ホーリークラウンの卓球ラケットにテナジー05とファスタークG-1の卓球ラバーの練習相手でした。

この卓球ラケットを使用している方のボールを受けました。

使用球はニッタクの3スタープラスチックボールです。

まずボールにスピードがあると感じました。
カーボンがあるためか速いです。

ホーリークラウンの卓球ラケットとテナジー05の感想

ホーリークラウンの卓球ラケットにテナジー05の組み合わせは猛烈にスピンがかかっていました。

相手はレシーブのとき、ボールをツッツキでかなり切ってきます。
これが凄く切れているため、こちらのドライブがネットにかかってしまうことが多くなりました。

ホーリークラウンの卓球ラケットがスピードがあるためか、速くて回転がかかっているツッツキが来て困りました。
テナジー05は他のテンションラバーとは別次元の回転量です。

さすが値上げ前までずっと1位だっただけあります。
プロ卓球選手も使用している卓球ラバーですしやはり段違いの性能です。

ホーリークラウンの卓球ラケットとファスタークG-1の卓球ラバー

ホーリークラウンの卓球ラケットのバックはファスタークG-1でした。

これはフォアのテナジー05の卓球ラバーと比べてそんなに強い回転ではありませんでした。

テナジー05のサーブは恐ろしく回転がかかっていました。
ホーリークラウンを反転させてファスタークG-1からサーブがくるとそこまでスピンがかかっていないので、こちらはドライブやチキータで得点できました。

スピンがかかっているけど、テナジー05ほど恐ろしい回転ではなかったです。

まとめ
もし試合会場で相手がテナジー05の卓球ラバーだとちょっといやだなと思いました。


中国粘着ラバー激安販売
新品ラバーが3割引以上の品も。テナジー最安値。
http://haifu.seesaa.net/

卓球ラケット激安中古販売
激安中古ラケットが半額以下など。買取りも。
http://takra.seesaa.net/
posted by 卓球ラケット at 21:00 | ホーリークラウン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ティモボルW7とティモボルALCのレビュー卓球ラケットにテナジー05とヴェガジャパン

ティモボルW7とティモボルALCのレビュー

ティモボルW7は七枚合板です。
ティモボルALCは、卓球ラケットの内部に特殊素材アリレートカーボンが内蔵されています。

バタフライのカタログではティモボルW7がハードになっています。
ティモボルALCはソフトの性能表記です。

ティモボルW7は人気があったのですが廃盤になってしまいました。
それでは、ティモボルW7とティモボルALCのレビューを書きます。

ティモボルW7とティモボルALCの卓球ラケットのスピードを比較

ティモボルW7とティモボルALCに同じテナジー05とヴェガジャパンの卓球ラバーが貼ってありました。

この卓球ラケットを使用している練習相手のボールを受けてみました。

ティモボルW7よりもティモボルALCのほうがボールのスピード感があるという感想です。
カーボンの金属が速度を増しているのかも。
ただしボールを受けただけなので、飛距離はどっちが飛ぶのかわかりませんでした。

ティモボルW7とティモボルALCの卓球ラケットのスピンを比較

ティモボルW7とティモボルALCの卓球ラケットのスピンの差は結構違いました。

ティモボルALCよりもティモボルW7のほうが回転がかかっていました。

サーブとツッツキはW7のほうがスピンがあって返球しづらかったです。
ドライブもW7のほうが弧線弾道になっていました。

バタフライカタログではティモボルALCのほうがソフトな表示ですが、明らかにティモボルW7のほうがソフトで回転がかかっている印象でした。

メーカーの発表はあまり信用しないほうがいいかも。
過度に自画自賛したり、売りたい物をソフトと表示したりできますもんね。

ティモボルW7にテナジー05とヴェガジャパンの卓球ラバー

ティモボルW7はティモALCよりスピンがかかることがわかりました。

次は、テナジー05とヴェガジャパンの卓球ラバーの感想を書きます。

テナジー05は受けている側からすると強烈にサーブとツッツキが切れています。
こっちが何度かネットミスをしてしまうくらい切れています。

ヴェガジャパンのサーブとツッツキはそんなに切れていなく、こちらからドライブやチキータで攻撃しやすかったです。

スピードはヴェガジャパンのほうがありました。
しかし球質が軽いようで、こっちはブロックしやすいしカウンターもしやすかったです。

テナジー05は異常なほど切れていて、ドライブは回転が凄くこっちから反撃しにくい球ばかりきました。
トップ卓球選手も使うわけだと思いました。

ティモボル選手は両面にテナジー05で、あと中国選手のバック面に貼られていたりもします。

まとめ
卓球ラバーによって回転が違うのは当たり前ですが、卓球ラケットによってもこれほど回転が違うとは。
あらためて驚きでした。


中国粘着ラバー激安販売
新品ラバーが3割引以上の品も。テナジー最安値。
http://haifu.seesaa.net/

卓球ラケット激安中古販売
激安中古ラケットが半額以下など。買取りも。
http://takra.seesaa.net/
posted by 卓球ラケット at 22:02 | ティモボルW7とティモボルALCレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。